総量規制対象外なら年収のいくらまで借りられる?

総量規制対象外のローンは、年収いくらまでという規定はありません。
総量規制対象の場合は年収の3分の1以内となりますが、総量規制対象外だと年収の半分の借入も可能なのです。
いくらまで融資可能か法的な縛りがないわけですが、無制限に借りられるわけではありません。
最終的に金融機関がいくらまで融資するのが決定するため、年収の3分の1未満になる可能性もありますし、年収の半分以上になることもあります。
一つだけ言えることは、初回融資においては高額を借りるのは難しいことでしょう。

総量規制対象外のローンと言えば、多くの方が銀行ローンを連想するでしょう。
銀行ローンはすべてが総量規制対象外であり、キャッシングやカードローンも含まれます。
ただし、初めての利用においては50万円以内になることが多く、平均して30~40万円くらいの融資になると言われています。
将来的に追加融資を受けるなら総量規制対象外であることは大きなメリットですが、高額の借入が不要という方には大きな差とはならないでしょう。

総量規制対象外が重宝するパターンとしては、ノンバンク系ローンを一本化する場合があげられます。
高金利ローンを複数抱えている場合は、銀行ローンで一本化するとよいでしょう。
最近は低金利ローンが増えているので、毎年のようにローンの乗り換えをしている方もいます。
いくらまで借入できるか不安な方は、事前に金融機関に確認を取ってみるのもよいでしょう。
稀に50万円まで可能というように教えてくれる場合があります。