結婚資金を学生ローンで借りることはできる?

学校で出会った相手と生涯を共にする学生結婚は多くの人の憧れになっています。特に地元から離れた遠方への就職が決まった学生の中には、地元にいるうちに結婚をして、そして恋人と一緒に新天地へ向かうといったケースもちらほら見られます。ただ結婚をするということにはそれなりにお金がかかるのも事実であり、特に結婚式をしっかりと挙げたいということになると、数百万円などの費用がかかることも珍しくはありません。
そういった中でお金、結婚資金を工面する方法として取り上げられるのが学生ローンであり、学生ローン審査からであっても結婚資金を借りるということは十分に可能です。もともと学生ローンというのは学生が利用できる使途自由のローンですから、借りたお金を何に使おうと自由なのです。ですので学生のうちに挙式をするということであれば利用を検討する価値はあります。
ただ無計画に利用をして良いのかと言われるとそうではなく、学生ローンはその金利の高さと、融資限度額の低さが問題になります。金利については法律上限いっぱいの15.0%〜18.0%といった水準にあることが多いですし、融資限度額についても学生であるために50万円ほどが上限になることが多いです。そのため結婚資金の全額を学生ローンで工面するというのは、あまりおすすめができません。
加えて結婚後の生活にはとにかくお金がかかるようになることを考えると、挙式費用など事前にわかる分はしっかりと用意しておいて、突然の出費や不足してしまった部分を学生ローンでカバーするといった使い方が最も賢いと言えるでしょう。