国にお金を借りる方法とは?知って損なし!お金の借り方

生活が困窮してしまっているけれど、消費者金融を利用したくなかったり利用できない場合や生活保護を受けるほどではないくらいの低所得者や介護が必要な障害者や高齢者がいる世帯には、総合支援資金という国にお金を借りる方法があります。

国がお金を貸してくれる制度なので安心して利用することができますし、金利もすごく低く設定されています。また返済期間も消費者金融などの金融機関と比べると長く返済していくことが難しくならないように設定されています。さらに連帯保証人を用意することができれば利子がなくなるなどといった優遇処置があります。

この総合支援資金をはじめとして福祉事業として国にお金を借りるためには、各都道府県にある社会福祉協議会の各市区町村社会福祉協議会の窓口に相談する必要があります。市区町村役場の福祉課などに問い合わせるのも良い方法でしょう。
各市区町村役場の福祉課に相談すると地域の民生委員を教えてもらうことができます。

民生委員は生活を立て直すためのアドバイスや相談にのってくれる存在なので、国にお金を借りる方法やハローワークなど仕事を見つけるアドバイスなどをしてもらうことも可能です。
総合支援資金の他にも国にお金を借りる方法はいろいろあります。

例えば子供が学校に通っている世帯ならば国の教育ローンを使用することもできますし、急にお金が必要な時は緊急小口資金制度など、セーフティーネットとして国はさまざまな制度を設けているので利用しましょう。

キャッシングの資金使途を見てみると、事業性のある融資以外は自由となっていることが多いものです。
しかし使い道には決して適していないものもありますので個人の判断で見極めなくてはなりません。

まず第一に挙げられるのは、パチンコやスロット、競馬競輪などのギャンブルに関わるキャッシングです。
当然収入から返済をするのではなく「勝ったら」返済するということでしょう。
これでは確実に返済ができるとは言い難いものであり、返済に困窮する可能性は少なくありません。

さらに、借り入れが頻繁になるキャッシングも適してはいません。
短期間で完済をすることがキャッシングの基本になるため、生活費の補てんな今月も来月も必要になる借入は向いていません。